卒乳チャレンジ中!

若干ヲタ系母の2人育児は汗と涙とネタの毎日w
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/05/08(火)
GWも終わり、昨日から通常モード生活中です。

連休終盤はかにゃたんも幼稚園入園(6月1日より)に備えて袋作りなどに励んでましたが、思いがけず大きなニュースができてしまいました。

それは…



かにゃたん、自ら卒乳を決意


です。



追記でメモ書いてます。

興味のある方はどぞーー。
*5月6日。

もうすぐかにゃたん誕生日。
そして6月には幼稚園に入園。

それについて、なんとなく旦那と子供達に
「幼稚園入って、いろいろ気を使ったり、生活サイクルが変わってる時に卒乳に持っていくと、大きくストレスになりそうだから、なんとか誕生日から入園前までには卒乳にもって行きたいなーー」

と割と軽い気持ちで話してたんです。

その時はみんなも、そうだねーー、そうできるのがベストだねーー…なんてこちらもかるーーく応えて、何気ない家族の会話として終わる…かと思ってたのです。

が。


しばらくしてかにゃたんが

「かにゃたん、ぱいぱいやめよーかな。」

とぽつっと言ったのです。


今まで何度となく

「かにゃたん、そろそろぱいぱいやめようか?」
と問いかけてきたのですが、そのたび問答無用で

「いーーーやーーーだ!」
とキレてたかにゃたんの口からこの言葉がでるとは…

念の為
「ほんとにやめる??」
と確認したらはっきり

「うん!!」
と言ったので、突然ではありますがこの瞬間から卒乳チャレンジ開始。

本人よりもリッキーが根負けして挫折とかありえるので、リビングのボードに

『かにゃたんはぱいぱいやめると言いました。』

と書いた紙を貼って、覚悟をきめました。


昼食の後早速第1の関門、お昼寝タイム。
やっぱりそいねする段階になると
「ぱいぱいほしいぃぃぃぃぃ~~~!!」

と泣き出すかにゃたん。

かわいそうだけど、ここで甘やかして、自分の決心した気持ちに背かせるほうが可愛そうだと自分に言い聞かせ、

「かにゃたん自分でやめるっていったんだよ。えらいねぇ、お姉ちゃんになるよー」

など励ましてるうちに泣き寝入り。

1時間ほど寝て起きて1時間ほどぐずぐずでしたが、るーなんと遊びだしたらいつもどおり。
たまに思い出したように、

「かにゃたん、ぱいぱいほしかったなー。」
と泣きそうな顔で言うのでそのたびに自分で言ったこと守れるかにゃたんエライ!と旦那と2人でヨイショw

就寝時は、諦めたのかぱいぱいなしで昼寝できたのが自信になったのか、トントンしてあげたら何も言わずにあっさり寝ました。

5月7日

そして第2の関門、明け方泣き。
今まで明け方に起きて泣き出す→パイパイ飲ませてまた寝させるってのが日常だったのでここが1番の山場だと覚悟はしてましたが…6時前から泣く→励ましながらトントンしてたらウトウト…→また思い出して泣く…を繰り返し、7時に起きて朝ごはんを用意する。
スティックパンを一気食い&牛乳コップ2杯がぶ飲みしたあと座ったまま眠る…
あーー、朝泣いてエネルギー使ったんだねーとリビングで寝させると、ケポッと食べたのリバーースorz

出勤、登園前で仕事が増えててんやわんやだったわ…
旦那が時間にゆとりがあってかにゃたんをシャワーで洗ってくれたのは助かったよ…。

ただの消化不良だったようで、その日1日割と元気に過ごしました♪


ちょっと時間がなくなってきたので、卒乳記録の続きはまた今度。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Runa★Kana日誌 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。