もうすぐ1年か…

若干ヲタ系母の2人育児は汗と涙とネタの毎日w
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/07/10(木)
もうすぐるーなんを産んで1年が経つのか…
去年の今頃は、でっぷり大きく太くなった体を抱え、強くなりだした陣痛に耐えながら
「そろそろかぁ…」
と思っていたっけ。

1年経ったら忘れるものかと思ってたら、意外と細かく覚えているものですねぇ。

折角だから書き留めておこうかな??


*2007年7月9日(月)
39週目の検診へ行く。
前の日にえらいお腹が張ったので
「そろそろ生まれるだろう?」
と思っていたけど検診の結果
「子宮口のそんなに開いてないから、まだまだでしょう。」
と言われる。
それならと午後から山小屋ラーメンでとんこつラーメンを食べ(妊婦の食べるもんじゃねぇw)ほぼ日課となっていた市営プールで水中ウォーキングに励んでくる。
その日の夜、いわゆる「おしるし」がある。

7月10日(火)
朝から軽い出血&時々腹が強く張る。
午後動くのがきついほど張ったりしたが、
「もう!こうなったらなんとしても今週中に産むぞ、産むんだ~~~!!
と、無理やり30分近所をウォーキングしてくる(←あほだな)
夜、ご飯が食べられないほど胃が痛む&程なくして「陣痛」が始まる(10~15分間隔)。

7月11日(水)
夜中、陣痛は来るが10分間隔よりは縮まらない。
いつの間にか就寝。
明け方、強い陣痛で目が覚める。
(やっぱり10~15分間隔)
こりゃあ気長に待つかぁ~~なんてのんびり構えていたら、「ばしゃん」という間隔が…

トイレに行って確認すると、破水していた…

診察時間まで待とうかと思ったけど、破水が止まらないので病院にTELすると
「すぐに入院の準備して来てください」
と言われる。
旦那を叩き起こして入院グッズを持って病院へ(明け方5時ごろ)

入院の手続きを済ませ、先生に診察してもらって陣痛室で待機。
破水は相変わらず、陣痛は10~15分間隔のまま。
9:00前に旦那仕事に出る。入れ替わりでリッキーの母来る。
時々助産師さんが様子を見に来てくれて、
「前駆破水だと時間かかるからね、2~3日は覚悟しといた方が良いよぉ。」
と言われる。

昼頃、陣痛が遠のきだす。
30分以上間隔が開きだし涙ぐましく階段を上り下りしてみたりするが効果なし。
リッキーの母一時自宅に戻る。
夜中にろくに寝てないので睡魔が襲う。
これはお腹の娘が
「寝なさいよ♪」
と言ってくれてるんだぁ、と都合よく解釈し、午後3時間くらい仮眠を取る。

夕方一時一般病室に移る。リッキー母再び来てくれる。
夕食を食べながら母と馬鹿話に盛り上がる。
まだこの時はげらげら笑う余裕はあった。
母が帰る前くらいから(19時前)再び陣痛が強くなる。
7分間隔になり、陣痛がある間は痛くて動くことも出来ないくらい。
20時ごろ旦那と旦那両親来てくれる。
30分ほどして旦那両親は帰って、再び旦那に付き添われて陣痛室に移動。

22時から
5分くらいの間隔で激しい陣痛が来る。
妊婦中、どんなに痛いんだろうと謎でしょうがなかった陣痛の痛みは凄まじかったです(泣)
もう、腰が砕けてんじゃないか?って位の痛みです。
旦那に擦ってもらうと楽になるのですが、3回に1度くらいタイミングをはずして擦ったくらいではどーにもならん激痛で「@$×!!*☆!!!」と大絶叫。
その度、宿直の看護士さんに「静かにしなさい!他の患者さんがびっくりするよ!」としかられる。

うるせぇ!ひとおもいに叫ばせろ!オニ!!!…という様な暴言を自重するくらいの理性は残ってましたよ、おほほ。

でもね~~、あんなに死にそうな痛みに一生懸命耐えてるんだから、少しは励ましたり温かい言葉をかけて欲しかったにゃ~…なんてのは甘えでせうか…。

そんな修羅な中、旦那は眠い目をこすりながらも本当によく働いてくれた。
必死で腰を擦ってくれたり、その当時夫婦間で(&ニコニコ動画)流行っていたアホソングを歌って気を紛らわそうとしてくれたりw

参考資料






あ、去って行かないで…見捨てないで…


7月12日(木)
陣痛はだんだん2~3分間隔へ。
あ、ところで出産した病院ってソフロロジーを採用している病院だったのですよ。
呼吸法で産む痛みを受け入れ、軽減する方法です。
事前に一生懸命呼吸法練習してたんですけど、体に力を入れすぎてお腹の赤ちゃんの心拍数に悪影響を与えてしまう状態に…

「力を入れないで!!」
と看護士さんに叱られている間に激しい痛みに激沈…ってパターンに苦しめられる。
大体いきみ逃しをしなければいけない時に体の力を抜いて…なんて無謀な話だと思ったぞ。

プレママさんへ→呼吸法を練習する時体の力を逃すことを想像しながら練習した方がいいと思いますよw
痛みを感じたら人間反射的に力が入るものです。
しかし、かえってそれが痛みを激増させると思います。
…なんて理屈では言えるんですが、ねぇw


3時ごろ…この辺りが1番きつかった。
陣痛は1~2分間隔、いきみたくてどうしようもない度MAX(でもまだ駄目)、そして破水から24時間近く経ったので抗生物質の点滴打たなければならなかったんですよ。

点滴の間は動いてはいけないと言われました…

正直出産を中止したいと思いました(無理ですがw)
でもそれを絶対口に出してはいけないと思ってました。
出産が私の仕事以外の何でもないという自覚だけはありましたね…

抗生物質の点滴が終わってすぐ、子宮口が最大になったのを確認されて、分娩室へ歩いて移動。

ここまででへろんへろんでしたが、「産む準備ができた!!」と言われると、

「もうすぐだ!!!」

と気力が湧き上がってきましたね~~~。

分娩台で陣痛にあわせてひたすらいきむ。
激しい痛みに負けてなかなかいきみ続けない。
私も疲れ果て、体力が持たないと判断され(体に力入れすぎが原因かと…)吸引分娩の措置が取られる。


外は…ものすごく激しい雨が降っていたな。

分娩台に上がって1時間弱。
頭が通った感覚だけは解った…

一呼吸置いて

「おぎゃ~~~~!!!!」

と産声が上がった。

産まれたわが子を見て
「自分が生んだのかぁ」
と半信半疑のような、生命の不思議に触れて呆然としていたなぁ。

感動!とか生まれてありがとう!とかまで感情が追いつかなかったんですよね。

出産後の第一声は立ち会った旦那に
「あ、カメラ持ってきて!」
でしたwww

生まれて検査を済ませたらカンガルーケアとしてるーなんを抱っこしてました。
うごうごとよく動く赤ちゃんだなぁと思いました。




…こんな感じがるーなんを産んだ時の記憶です。

ちなみにこの時
「ぜっったい2度と子供作らん!!!!」
なんて思ってたけど、最近、

「そろそろ第2子も良いかもな~~♪」


なんて思ってしまうw


人間って程よく忘れる様に上手く出来てるよね~~♪





ポチ★してくれたらうれし~~です。
FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ







スポンサーサイト
この記事へのコメント
日記を読んで涙が出たーーv-408
私は帝王切開だったから・・・
でも、出産後は痛くて、二度と産みたくないって思ったよ~v-399
あ!メールありがとうございます!ビデオカメラ持ってないので☆D(*⌒▽⌒*)B
逆に心配させてごめんなさい・・
その気持ち 嬉しかったです☆D(*⌒▽⌒*)B
2008/07/12(土) 23:52 | URL | たぁ君のママ #-[ 編集]
ホント出産は大仕事でしたよね。
産み終わった後もしばらくはダメージ残っててトイレすら大苦労な自分にビックリしましたもんねぇ。

でも、それだけ苦労して産んだ子供が成長する姿を見ると、嬉しいような不思議なような気持ちになりますよね。
2008/07/14(月) 22:15 | URL | リッキー #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Runa★Kana日誌 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。